パチンコで勝てない13の理由と勝ち方を解説!やばい必勝法とは?

パチンコで勝てない13の理由と勝ち方を解説!やばい必勝法とは?

「パチンコで勝つ方法や必勝法が知りたい」と、お考えではないでしょうか?

本記事では、パチンコで勝てない理由と仕組みを13個具体例を上げて解説し、最後にプロも実践しているパチンコで勝つための方法を3つまとめています。

この記事でわかるコト
  • パチンコで勝てない理由と仕組み
  • パチンコで勝てない人の典型的な行動
  • プロも実践しているパチンコの勝ち方

\ オンラインパチンコで遊ぼう /

目次

パチンコで勝てない13の理由と仕組み

パチンコで勝てない13の理由と仕組み

パチンコで勝つために必要なことは色々ありますが、大前提としてどんなにスペックのいい台に座ってもボーダーを下回る回転数しか回らない台に座ってしまうと、勝率が下がってしまいます。

パチンコで勝つためには運も必要ですが、技術的な問題や勝てるスペックの台に座ること、ボーダーを下回らない台に座ることが大切です。

釘の状態が悪く設定の厳しい台に座ってしまうと、投資額が大きくなってしまいその後投資分を回収するのが難しくなってしまいます。

自分が遊技したい台のボーダー値をきちんと把握し、他に打つ台がないからあまり回らない台だけどこの台しか空いていないから、これに座ればいいや、という考えでの立ち回りでは勝率は下がる一方です。

パチンコに関する知識不足

パチンコは、それぞれの機種によってゲーム性やスペックが異なります。

自分が遊戯するパチンコ台についての知識が不足していては、勝てない確率が高まってしまいます。

シンプルで連チャンモードまでへの道筋がわかりやすい機種もありますが、中には連チャンモードまでのルートが複雑で知識がなければチャンスを逃してしまうこともあります。

パチンコで勝つためには、期待値を超える台を打ち続けることが重要です。

これを理解せずに運や勘など不確かなものに頼った台選びでは、偶然勝つことはあるかもしれませんが、トータルの収支として見たときに大きなマイナスを生み出してしまうことになります。

玉交換を無計画に行っている

パチンコで玉を借りるときは「1️玉=4円」で借りますが、特殊景品に交換する際は必ずしも1玉4円として交換してもらえるわけではありません。

借りたときと同じ条件で交換してもらえるお店は等価交換、その他1玉3円として特殊景品に交換するお店は非等価交換の店舗です。

等価交換かどうかは地域やお店によって異なるため、それを把握してホール選びをする必要があります。

交換率の悪いお店では投資すればするほど、等価交換のお店よりより多くの出玉を獲得しなければ収支をプラスにすることが難しくなっていきます。

交換率の悪いお店は勝てない条件のひとつになりますので、お店選びも慎重に行いましょう。

パチンコの勝ち方を知りたいのであれば、まずは交換率の悪いお店で遊戯する場合なるべく端数は貯玉して現金投資を減らすために最初はスペックの甘い台で持ち玉を作って持ち玉遊戯をするなどの工夫が必要です。

短期的な考えでパチンコを打っている

投資を続けていればそのうち当たるだろう、これだけ回したんだから当たるだろう、今日は負けてしまったけど明日は絶対勝てるだろう…。

このような短絡的な考えでは、勝つことはできません。

パチンコは、期待値という理論的な数値を上回る台を打ち続けることしか、必勝法はありません。

台のスペックやゲーム性を理解することはもちろんですが、ボーダー理論などの理論的な数値を勉強して理解していくことも勝つためには必要不可欠です。

運や勘などの要素も全く関係ないとは言えませんが、勝率を上げるためにそのような根拠のない要素を全面に考えて行動するのは勝てない人の典型的な行動といえます。

短絡的な考えで台選びやお店選びをしている人は今すぐやめて、勝率が上がるような行動をとるようにしましょう。

パチンコの目的が「打つこと」になっている

勝ちを生み出したいからパチンコを打つのではなく、打つこと自体が目的になっていませんか?

ちょっと時間が空いたから時間つぶしにパチンコを打ちに行ったり、パチンコの演出や一時の勝った負けたの感情が楽しくてパチンコを打っている人も多いと思います。

もはや「パチンコを打つことが趣味」のようになっている人も中にはいます。

しかし、そのような立ち回りで勝てるほど、パチンコは甘くありません。

なんでもいいからとりあえずパチンコを打ちたい、スペックや釘の状態などは関係なく自分の好きな機種を打ちたい、など計画性無くただパチンコを打つことを目的にホールに出向くことは、勝てない人の典型的な行動といえます。

パチンコのやめ時を知らない

パチンコのやめ時がわからず、だらだら持ち玉や現金を使って投資を続けてしまうのも、勝てない人の行動のひとつです。

パチンコ台の中には、天井が搭載されているものもあり、天井で受けられる恩恵を考えて天井に回転数の近い台を選んで立ち回ることもあります。

大当り後特に続ける理由もなく、だらだらと投資を続けることにメリットはありません。

むしろ回し続けることで、回転数が天井に近付いてしまい後から遊戯する人のアシストをしてしまうこともあります。

潜伏確変の可能性などがなく、理論値を下回る回転数しか回らない台であれば大当り後即ヤメしたほうが良いでしょう。

また演出や連チャンモード突入までのルートが複雑で時間効率の悪い台を打つ場合、自分があと何時間くらい遊戯できるのか、閉店時間まであとどれくらいなのかを把握した上で遊戯しないとやめ時を間違えてしまうことも。

投資額と残された遊戯可能時間の兼ね合いをしっかりと把握し、遊戯する機種のスペックについても知っておく必要があります。

射幸心が強すぎて依存してしまっている

射幸心とは、努力や苦労をせずに楽をして利益を得たいという心理のことをいいます。

パチンコは、偶然座った台が偶然大連チャンして楽に大金を得ることができる場合もありますが、長い目で見るとそのようなことは続かず偶然の産物を求めて立ち回りを続けると結果的に収支がマイナスになってしまいます。

パチンコは、射幸心をくすぐるような演出やスペックの持つものも多いですが、偶然の産物を期待してパチンコを遊技していても勝ち続けることは難しいです。

楽して稼ぎたい気持ちは誰もが持っているものですが、射幸心が強くなりパチンコのギャンブル性に依存してしまっては、いつまでも勝つことができません。

負けたまま帰ることができない

パチンコで「勝つ=その日の収支をプラスにする」こと、と考えていませんか?

パチンコで勝つということは日毎の収支にこだわるのではなく、年単位や月単位での収支をプラスにすることを考えていく必要があります。

何度も出てきていますが、期待値の低い台を打ち続けていてもなかなか勝ちに結びつきません。

打ち続けていればいつか当たるだろう」という短絡体な考えや、負けたままでは追われないから「意地でも大当たりして連チャンするまで今日は帰らない」など、その日の収支に固執した立ち回りを続けていては負の連鎖です。

期待値を上回る台を遊技していても、負けてしまうことももちろんあります。

しかし、自分の中で勝つための立ち回りを続けることで、短期間の収支は一時的にマイナスになってしまうことがあったとしても長期的な収支をプラスに近づけることは可能です。

負け額が大きくなってしまうと冷静な判断ができなくなってしまうこともありますので、一旦遊技台を離れて頭を冷やし、考える時間などをとるのも効果的です。

金銭感覚がマヒしてしまっている

パチンコを打っていると、1万円があっという間になくなってしまうこともしばしばあります。

1万円程度の投資でしたら換金率にもよりますが2,500玉程度、大当たり2回分程度の出玉で取り戻せてしまうため連チャンモードに入れば大丈夫だろうという気持ちも、遊戯の回数を経る中でどんどん大きくなっていってしまいます。

また、ある程度投資がかさんでしまうと「あともう千円ぐらい入れても変わらないだろう」という気持ちになってしまい、金銭感覚がマヒしてしまうこともあります。

そのような考え方で投資をしていると無駄な投資が増えてしまい、回収するのが難しくなっていきます。

自分の中で月に使える投資額を決める、期待値を超える台だったらいくらまで使っていいと決めるなど、自分の中で投資額として使えるお金のルールを決めたりすることで無駄な投資を減らしましょう。

パチンコで一攫千金を狙っている

長期的に見て収支がプラスになることを目指すのがパチンコの必勝法なのですが、中には爆発的な連チャンで一攫千金を夢見ている人も多いと思います。

確かにパチンコで1日10万円以上の勝ちを生み出すことは不可能ではありませんが、爆発力のあるポテンシャルを秘めた台選びの知識や立ち回りも必要になります。

また、パチンコ歴が長くてもちょっとホールに寄って低投資で大連チャンして勝って帰れることは、片手で数えるほどしかないことの方が多いです。

パチンコは一攫千金を狙って稼ぐものではなく、長期的な目線で見て収支をプラスにしてくものであるということをしっかりと肝に銘じましょう。

オカルト的な考えでパチンコを打っている

パチンコにはオカルトと呼ばれるものがいくつか存在します。

たとえば

  • ◯回転台は当たりやすい
  • その日たくさん連チャンしている台はその後も早い回転数で当たりやすい
  • ST中になかなか当たらないときは一旦打ち出しを止めて台を休ませるとその後当たりを引きやすい
  • パチンコには波があるので波が来ている台を打つと爆発する

などのオカルトがあります。

他にも長年パチンコを楽しんでいる人の中には、自分なりのオカルトを持ち合わせている人もいますが、どれも根拠のないものです。

オカルト的な思考で遊戯するパチンコ台を選ぶことは、得策とはいえません。

パチンコの必勝法としてオカルト的な打法があげられることもありますが、どれも根拠のない噂レベルのものなのでそれらを過信してオカルトを元に行動するのはやめましょう。

勝つためのパチンコ店舗選びを行っていない

家から近いから、たまたまフラッと立ち寄ったからなどの理由で遊戯するお店を選んでいませんか?

パチンコで勝てない理由のひとつが、勝つためのパチンコ店舗選びを行っていないことです。

先ほどもお話しましたが、パチンコ店はお店ごとに換金率が違うことがあります。

換金率の悪いお店で遊戯をし続けることは、打てば打つだけマイナスになってしまうことと同じで投資した金額を回収することが難しくなります。

また、店舗独自のイベントを行っている日は、そのイベント対象機種の稼働が良く台の状態が全体的に良くなっていることもあります。

空いている店舗のほうが台を自由に選びやすいというメリットはありますが、お店全体であまり遊技台が稼働していない店舗は回らない期待値の低い台が多く、お客さんが離れていってしまっている場合もあるので注意が必要です。

店舗ごとに設置されているパチンコ台も異なりますので、知識があり状態の良い機種があれば打ちたいということであれば、その機種が導入されているかどうか調べてから店舗に足を運びましょう。

勝つためには、店舗選びが重要になります。

体調が悪い中無理してパチンコを打っている

体調が悪くても、負けを取り戻そうとパチンコを打ちに行くことは愚策です。

体調が悪く頭が「ぼーっ」とした状態では正常な判断がつかず、いつもだったら手を付けないような状態が悪く期待値を下回るような台を打ち続けてしまったり、自暴自棄になってしまいやめ時がわからずいつまでも打ち続けて負け額が大きくなってしまうことも。

体調が悪いときはいつもと違う立ち回りをしてしまうこともありますので、無理をせずうちに行くのはやめましょう。

直近で負けこんでいて取り戻したい気持ちがあっても、パチンコは期待値の高い台を長期的に遊技して収支をプラスにしていくものだ、ということを忘れないように行動していきましょう。

プロも実践しているパチンコの勝ち方とコツ

プロも実践しているパチンコの勝ち方とコツ

パチンコのプロも実践しているパチンコの勝ち方や必勝法、コツなどはあるのでしょうか?

まず、大前提としてオカルト理論に頼ることをやめ、確率論をきちんと理解することが重要です。

パチンコは、どんな抽選確率であっても1回転目で大当たりを引くこともあれば、1000回転回しても当たらないこともあります。

しかし、長期的な目線で見ていくことで確率は収束していきますので、その日ごとの収支に囚われることをやめて1年間の収支など長期的な目線でのプラス収支を目指すことが大切になります。

それではプロも実践しているパチンコの勝ち方とコツを、具体的に説明していきます。

\ オンラインパチンコで遊ぼう /

パチンコの確率論を理解する

パチンコで勝つためには、確率論を正しく理解することが重要になります。

パチンコの大当り確率が1/99だとすると、99回回せば100%大当たりを引けるということではありません。

イメージとしては、大当たりが1つだけ入った福引きでハズレを引いてもそのハズレの玉を取り出さずに、また箱に戻して再度抽選をするといった形です。

ですので、何回抽選を受けても永遠にハズレの玉を引き続ける可能性もあります。

表示されている回転数が前に打っていた人の回転数を引き継いでいる場合、その回転数は自分がこれから回す回転数と一切関係ありません。

回転数が増えれば増えるほど大当たりする期待値は理論上高まりますが、あくまで前任の人が遊技していた回転数は自分がこれから回す回転数や期待値とは無関係である、ということも頭の片隅においておきましょう。

軍資金の収支管理を徹底する

いくら投資したかの収支管理をきちんと行うことも重要です。

負けた日の収支は記載せずに勝った日のことだけ管理して、勝ったような気持ちになっている人も中に入ると思います。

パチンコは、その日マイナスでも月や年を通してプラスであれば良いという考えで行動することが大切ですので、勝っても負けてもきちんと収支の管理を怠らないことが大切です。

1日に使える軍資金や月で使える軍資金をしっかりと管理して、勝った日だけではなく負けた日もきちんと収支をつけて管理しましょう。

マイナスの月があったとしても、正しい立ち回りを続けて年単位で収支がプラスになることを目指すのがパチンコの必勝法です。

軍資金の管理は、徹底的に行いましょう。

勝つことより負けないことを意識する

パチンコの究極の必勝法は、負けないことです。

当たり前のことのように思いますが、この負けないことというのがとても重要になります。

マインドの面でも勝とう勝とうという心理で打ち続けるとついついアツくなってしまい、勝算のない台をいつまでも負い続けてしまうこともあります。

勝ち額を大きくすることよりも負け額を減らし、いかに負けないかという立ち回りを続けることが大切です。

期待値の低い台を打つのを辞める、十分に遊戯する時間がないのにパチンコを打たない、知識のない台にお金を投資しないなど負けないを意識した立ち回りを心がけましょう。

パチンコで勝てない人が辞めたいけどやめれない理由

パチンコで勝てない人が辞めたいけどやめれない理由

パチンコで勝てないのに、遊戯することがやめられずに店舗に足を運び続けて借金までしてしまう人も中にはいます。

そのような人は、ギャンブル依存症に陥ってしまっている可能性が高いです。

パチンコは、正しい立ち回りを続ければ理論上勝てるといいましたが、ギャンブルの部類に入りますのでパチンコを遊戯することで脳に刺激が加わり、脳内に快楽物質が分泌されます。

日常生活では、味わえないスリルや刺激を得ることができます。

パチンコで勝つことが目的ではなく、なんとなく暇つぶしにという気持ちや趣味としてパチンコを遊戯するようになってしまうと、どんどんパチンコのギャンブル性に依存してしまうこともあります。

パチンコ依存症を自分一人の力で治すのはとても難しく、治療が必要なことも多いです。

辞めたいと思っているのに辞められない、勝てないとわかっている状態の悪い台でも遊技し続けてしまう、嘘をついてパチンコを打ちに行ったり借金をしてまでパチンコをしたいなど思い当たり悩んでいる人は専門機関に相談してみてください。

パチンコで勝てない13の理由と勝ち方を解説:まとめ

パチンコで勝てない13の理由と勝ち方を解説:まとめ

以下に、パチンコで勝てない13の理由をまとめてみました。

パチンコで勝てない理由まとめ
  • パチンコ店舗側が釘や設定を厳しくしている
  • パチンコに関する知識不足
  • 玉交換を無計画に行っている
  • 短期的な考えでパチンコを打っている
  • パチンコの目的が「打つこと」になっている
  • パチンコのやめ時を知らない
  • 射幸心が強すぎて依存してしまっている
  • 負けたまま帰ることができない
  • 金銭感覚がマヒしてしまっている
  • パチンコで一攫千金を狙っている
  • オカルト的な考えでパチンコを打っている
  • 勝つためのパチンコ店舗選びを行っていない
  • 体調が悪い中無理してパチンコを打っている

あなたはどのくらい当てはまりましたか?

まずはこの勝てない行動や考え方を辞め、パチンコで勝つための行動に変えていきましょう。

なかなか行動や思考を変えることは難しいですが、複数当てはまっている人はまず実践できそうなところから考え方を変えてみてください。

次に、プロも実践しているパチンコの勝ち方は

パチンコの勝ち方
  • パチンコの確率論を理解する
  • 軍資金の収支管理を徹底する
  • 勝つことより負けないことを意識する

の3つをまとめました。

行動を変えるのに勉強や知識が必要なこともありますが、軍資金の管理などは道具もいらずスマホやノートがあれば今日から実践できますのでパチンコで勝ちたい、必勝法が知りたいと思っている人はぜひ今日から実践してみてください。

\ オンラインパチンコで遊ぼう /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

パチンコ&パチスロを打ち始めて早10年のパチンカー。パチンコが特に好きで、ハマってる台はスマパチSAO。

コメント

コメントする

目次