パチンコは何歳から遊べる?年齢制限と確認方法を解説【高校生は禁止】

パチンコは何歳から遊べる?年齢制限と確認方法を解説【高校生は禁止】

本記事では、パチンコの年齢制限についての疑問や悩みを持つ全ての読者に向けて、「パチンコは何歳から遊べるのか」というテーマを中心に詳しく解説しています。

 最後まで読むことで、法的な背景や年齢制限の意味を深く理解し、安心してパチンコを楽しむための知識を身につけることができます。

本記事で解説すること
  • パチンコの年齢制限とその法的背景
  • 高校生や大学生がパチンコを遊ぶ際の特別な注意点
  • パチンコ店での年齢確認の方法とその重要性
  • 他のギャンブルとの年齢制限の比較と関連性

\ オンラインパチンコで遊ぼう /

目次

パチンコは何歳から遊べるのか?

パチンコは何歳から遊べるのか?

パチンコを何歳から遊べるかというと、風営法22条5の観点からは18歳未満のパチンコ店への立ち入りを禁止する法律があるので、パチンコ店での遊戯は18歳以上ならパチンコを打つことができます。

ゲームセンターなどの場合は、何歳からでも遊戯することが可能です。

法律による年齢制限の概要

パチンコ店での遊戯は、風営法には18歳以上なら可能と書かれていますが、高校生の場合は遊戯することができません。

一例として、宮城県青少年健全育成条例の34条青少年立ち入り禁止への同伴禁止があるので、実際には高校を卒業し4月1日にならないとパチンコ店での遊戯を行うことはできません。

パチンコとスロットの年齢制限の違い

パチンコとスロットどちらも18歳から、遊戯可能になっています。

他の公共ギャンブルなどは、20歳からのものが多いのです。

しかし、パチンコは風営法によって18歳以上なら、パチンコ店での遊戯をしていいと定められているので、パチンコ・スロットどちらも18歳以上なら遊戯可能となっています。

なぜパチンコやスロットだけ18歳から遊戯でき、他の公共ギャンブルは20歳からなのかというと、パチンコやスロットはギャンブルではなく遊戯だからです。

自分の技術によって景品などを得る事によって他の公共ギャンブルとは違うとの解釈をし、ギャンブルの枠ではないのでパチンコやスロットは18歳以上なら遊戯できるということです。

高校生はパチンコが禁止されている

高校生はパチンコが禁止されている

法律では、パチンコ店に入っての遊戯は禁止されているのですが、ゲームセンターに置いてあるパチンコは遊戯を禁止されていません。

ゲームセンターなどで健全に遊戯をする分には、パチンコを行うことができます。

しかし、ゲームセンターでも法律で保護者同伴でも22時以降は、ゲームセンターでの遊戯も禁止になるので、遊ぶ場合は気を付けて遊戯をしてください。

18歳の高校生がパチンコを遊ぶリスク

まず、パチンコ店で18歳以下の方が遊戯をすることは、風営法22条5で禁止されています。

これはパチンコホール側が罰則を受ける事になるので、パチンコホール側も年齢の若そうな方には年齢確認をすることになっています。

この時に高校生だった場合、出玉の没収をされ出禁の勧告をされることでしょう。

勧告に従わなかった場合、住居不法侵入で逮捕されることになり、最悪高校を中退することになりかねません。

高校生のパチンコバイトの実情

パチンコ店で高校生が働ける場合は、ほとんどありません。

風営法の第22条三項により18歳未満を働かせることができないことと、18歳以上であっても高校生を不可にしているパチンコ店が多いからです。

仮に働けたとしても学校にばれた場合のペナルティは、他のアルバイトをしていた場合よりも重くなります。

最悪停学や退学などの重い処罰を受ける可能性があるので、どうしてもパチンコ店でアルバイトをしたいという方は、高校卒業までは我慢したほうがいいのが今の現状です。

\ オンラインパチンコで遊ぼう /

大学生からパチンコを始める人が多い理由

大学生からパチンコを始める人が多い理由

大学生でパチンコにはまると、一定の人数の方が留年や中退をすることになります。

今までの遊びよりも自分のお金を賭けるパチンコは、普通の遊びよりも魅力的に見え大半の時間やお金を注ぎ込む人がいますが、基本的にパチンコは趣味なのです。

しっかりと予算を決め大学に行き自分の中で制限をし、遊戯としてパチンコをするようにしましょう。

18歳以上の大学生のパチンコ遊技に関する注意点

大学生でパチンコを覚える方に多いのが、仲のいい友達や先輩などに教えてもらい始めることだと思います。

その場合、人数が増えテンション高く打ってしまう方が大勢います。

周りの方からは、集中してパチンコを遊戯したいと考える方も多いので、大声などだしての遊戯をすることは注意しましょう。

さらに大勢で行く事が多くなるため、誰か一人が終わらない状況だと近くの席で遊戯もせずに待つ方が大勢います。

その席で打ちたい方やお店からは、大迷惑なので観戦するとしても人に迷惑をかけないように、静かに見守るようにしましょう。

大学生の間でのパチンコの人気とその理由

大学生の間でパチンコが人気の理由は、遊んでお金を稼ぐことができるかもしれない点です。

高校生だったときのアルバイト代よりも多くのお金を稼ぐ可能性があり、みんなでワイワイしながら打てるので娯楽として大学生に人気があります。

さらにパチンコは、知ればしるほど面白く時間をかければ負ける可能性も低くなるので、時間のある大学生にはもってこいの娯楽です。

パチンコは打っている時だけじゃなく、そのあとでも話のネタになるので友達との会話が弾むことになり、一度始めるとどんどんやりたくなります。

パチンコ店での年齢確認には素直に答えるべき

パチンコ店での年齢確認には素直に答えるべき

パチンコ店での年齢確認は、免許証など生年月日などの記載のされているものか口頭での確認になります。

その際に年齢の干支などを答えさせたり、職業や学校名などを質問される場合もあります。

お客様とのトラブルにつながりかねないのに、なぜパチンコ店が年齢確認を熱心にするかというと、法律で18歳以下にパチンコ店で遊戯をさせるとパチンコ店に罰則があるからです。

最悪、パチンコ店の営業停止など重い罰則になることもあるので、パチンコ店も少しでも若そうな方がいた場合、声がけを徹底するパチンコ店が多いのです。

年齢確認の方法と手続き

年齢確認のできる運転免許証や、生年月日の乗っている書類などの提出を求められます。

その際、もっていない場合などは口頭での質問になります。

「干支はなんですか?前後の干支を答えられますか?」など、その年じゃないと答えにくい質問をされる可能性が高いです。

さらに、今現在の身分などを聞かれます。

例えば大学生ならば、その大学じゃないと知らない問題などを質問されます。

働いている場合などは、どんな仕事をしているのか会社名など、根掘り葉掘り色んな質問をされることでしょう。

パチンコ店は、色々な職業をやった方が多いので、業界内でしか使わない呼び方の道具などの質問などをされることもあります。

年齢制限を破った場合の罰則

年齢制限を守らなかった場合、罰せられるのはパチンコ店です。

風営法では「18歳未満の者を営業所に客として立ち入らせた場合、刑事罰として1年以下の懲役もしくは100万以下の罰金またはこれの併科」となっており、パチンコ店側は最悪お店の営業許可の取り消しなどをされてしまいます。

なので少しでも若いお客様がいた場合、声がけなどをするのです。

18歳未満の方がもし18歳未満だとパチンコ店にばれた場合、遊戯中止と退去の勧告を受けそれでも留まるようだと不退去罪になり、最悪逮捕の可能性もでてきます。

その場合、退学になる可能性が高いです。

パチンコは年齢制限を守って楽しくプレイしよう:まとめ

パチンコは年齢制限を守って楽しくプレイしよう:まとめ

最近のパチンコは、演出面なども面白く動画やゲームセンターなどで遊ぶだけでも楽しめる作りになっています。

「新台を自分で打ってみたい!」と思うこともあるかもしれませんが、パチンコ店での遊戯は法律で禁止されています。

新台の演出をみたい場合は、最近ではパチンコ店で映像を取って動画にしてくれる方や、実機を買って家で配信している方などを見るのがおすすめです。

どうしても打ちたい方は、ゲームセンターなどでの遊戯や家での実機を買うという選択肢もあります。

パチンコを打ちたいからと焦る必要はなく、パチンコ店に入れる年齢になるまでは我慢しましょう。

\ オンラインパチンコで遊ぼう /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

パチンコ&パチスロを打ち始めて早10年のパチンカー。パチンコが特に好きで、ハマってる台はスマパチSAO。

コメント

コメントする

目次