パチンコは疲れる?その背後にある科学的な理由と原因・対策まとめ

パチンコは疲れる?その背後にある科学的な理由と原因・対策まとめ

本記事では、パチンコを楽しむ全ての読者、特に長時間プレイして疲れを感じる方々に、パチンコで疲れる現象の背後にある理由やその対策について詳しく解説しています。 

最後まで読むことで、疲れを軽減し、より長く快適にパチンコを楽しむための方法を身につけることができます。

本記事で解説するコト
  • 「パチンコで疲れる」現象の背後にある主な理由
  • 疲れを感じる原因とその具体的な対策 ・健康的にパチンコを楽しむためのヒントとアドバイス
  •  疲れを軽減するための環境や機種の選び方

\ オンラインパチンコで遊ぼう /

目次

パチンコ疲れの原因ってなんなの?

パチンコは多くの人々に楽しまれている娯楽ですが、長時間のプレイや繰り返しのプレイによって、疲れやストレスを感じることがあるでしょう。

ここでは、定期的な休憩、適切な姿勢の保持、周囲の騒音を軽減するための方法など、健康的かつ楽しくパチンコを楽しむための具体的な方法をご紹介します。

パチンコで疲れる仕組みとは?

パチンコをプレイする際、体と心には多様な影響が及びます。

疲労感の背後には、複数の要因があります。

まず、パチンコ台の液晶画面から放たれる強烈な光、特にブルーライトは目に直接的な負担になりかねません。

実際、ブルーライトは網膜にダメージを与える可能性があり、長時間の露出は目の疲れやドライアイ、さらには視力低下のリスクを高めることが知られています。

加えて、パチンコ店の中はとてもうるさく、時には普通の会話の音量の約4倍、80デシベル以上になることも。

騒音の中に長時間いると耳への負担が大きくなり、注意力が散漫になったり、頭痛がしたりするため疲れやすくなります。

パチンコで疲れる理由と脳への影響

ゲームの勝ち負けによる興奮や緊張は、脳の報酬系に影響を与えます。

勝ったときには一時的に気分が良くなりますが、その後の落ち込みは疲れや気分の低下を引き起こすことがあります。

目の疲れや騒音による耳の疲れなどの様々な要因が重なると、脳は疲れを感じ、それが全身に影響を及ぼす可能性が高いです。

特に、長時間パチンコを行うと、脳の疲れが蓄積し、体全体の疲労感につながることがあります。

\ オンラインパチンコで遊ぼう /

パチンコの疲れを軽減する方法

ここでは、より具体的なパチンコ疲れを軽減する具体的な方法を解説していきます。

疲れないためのプレイスタイル

疲れないためのポイント
  • 1 時間ごとに小休憩をはさむ

  • プレイ中の姿勢は、正しい姿勢をキープする

  • 耳栓を利用する

  • 適度な水分補給を行う

  • プレイ前後に軽いストレッチを行う

パチンコで疲れを軽減させる方法としては、1時間ごとに少なくとも10分の休憩を取るのがおすすめです。

休憩中は目を閉じてリラックスするか、遠くを見て目の焦点を調整するのが効果的です。

目の保護には、ブルーライトをカットする眼鏡の使用が効果的であり、液晶画面からのブルーライトを約35%カットすることができるでしょう。

プレイ中の姿勢の調整も重要で、背筋を伸ばし足を床に平らに置くことで、肩こりや腰痛を防ぎます。

理想的な座り方は、膝と腰が約90度の角度を保つことで、これにより腰への圧力が軽減されます。

椅子の高さを調整し、腕が自然に台に置けるようにすることで、肩や首への負担を減らすことも可能です。

また、耳栓の使用も有効であり、パチンコ店内の騒音レベルを大幅に軽減し、耳への負担を減らすことができます。

プレイ中は適度な水分補給を心がけることで、集中力を維持し、疲労感を軽減可能です。

加えてプレイ前後に軽いストレッチを行うことで、筋肉の緊張を和らげ、疲労を防ぐことができます。

目や耳の具体的なケアの方法

パチンコのプレイ中には、目と耳への負担を軽減するための適切なケアが不可欠です。

定期的な休憩は、目と耳の両方にとって重要で、例えば「20-20-20ルール」を実践することで、目の疲れを効果的に軽減できます。

耳栓の使用は、パチンコ店内の騒音から耳を保護するために非常に効果的で、これらの騒音を約15〜30デシベル減少させることができます。

また、目の乾燥を防ぐためには、定期的に人工涙液や保湿目薬を使用することが効果的です。

20-20-20ルールとは?
「20-20-20ルール」とは、目の疲れを予防するための方法です。

長時間コンピューターの画面やスマートフォン、タブレットなどを見ていると、目が疲れたり、ドライアイになったりすることがあります。

20-20-20ルールは、これらの問題を軽減するために日本眼科医会により作られました。

やり方は以下のとおりです。

20分ごとに:コンピューター画面や他のデジタルデバイスから目を離します。
20フィート先(約6メートル)を見る:遠くの物体を20秒間見つめます。
20秒間:目を休めるためにこの時間を確保します。

具体的な効果としては、目の筋肉がリラックスし、長時間の画面使用による緊張から解放されます。

また、目の乾燥を防ぐために、意識的にまばたきをすることもおすすめです。

パチンコ店員も店内に長時間いると疲れるの?

パチンコ店員も店内に長時間いると疲れるの?

ここでは、パチンコ定員に及ぼす身体的な影響に関して解説します。

パチンコ店員の健康状態に問題はないの?

パチンコ店員は、日々の業務により様々な健康上の問題に直面しています。

身体的な面では、重い箱の運搬や長時間の立ち仕事による腰痛や足の疲れが主な問題です。

店内の騒音による聴覚への影響や、長時間の画面の注視による視力の低下も懸念されます。

精神的な面では、顧客対応によるストレスや、長時間の労働による疲労感があります。

これらの問題は、店員の健康状態に大きな影響を及ぼし、仕事のパフォーマンスや生活の質にも影響を与える可能性があるといえるでしょう。

パチンコ店員が実践する疲れ対策とは?

パチンコ店員が疲れを軽減するために実践している方法には、身体的な負担を減らすための工夫や、精神的なストレスを管理するためのテクニックが含まれています。

身体的な面では、適切な休憩の取り方や、腰痛対策としての適切な姿勢の維持、重い物の持ち方の工夫などが挙げられるでしょう。

また、目の疲れを軽減するための目薬の利用も効果的です。

精神的な面では、顧客対応のストレスを管理するためのコミュニケーション技術や、仕事とプライベートのバランスを保つための時間管理が重要です。

パチンコの疲れを乗り越えよう!まとめ

パチンコの疲れを乗り越えよう!まとめ

長時間のパチンコによる疲労の原因と対策を詳しく解説しました。

主な疲労の原因は、パチンコ台の強い光(特にブルーライト)、店内の騒音、そして勝敗に伴う精神的なストレスです。

これらは目や耳への負担を増加させ、全体的な疲労感を引き起こします。

疲れを軽減するためのポイントは、以下の通りです。

疲れを軽減するためのポイント
  1. 定期的な休憩:1時間ごとに少なくとも10分の休憩を取り、目を休める。
  2. 視線の調整:遠くを見て目の焦点を変える。
  3. ブルーライトカットメガネの使用:目への負担を軽減。
  4. 適切な姿勢の保持:背筋を伸ばし、足を床に平らに置く。
  5. 水分補給:プレイ中の適度な水分補給で集中力を維持。
  6. 光の強さや音量の調整:目や耳への負担を減らす。

\ オンラインパチンコで遊ぼう /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

パチンコ&パチスロを打ち始めて早10年のパチンカー。パチンコが特に好きで、ハマってる台はスマパチSAO。

コメント

コメントする

目次