パチンコのパーソナルシステム徹底解説 / 使い方・再プレイ方法・メリットなどを紹介

パチンコのパーソナルシステム徹底解説 / 使い方・再プレイ方法・メリットなどを紹介

近年のパチンコでは「パーソナルシステム」が続々と導入されており、今までドル箱で管理していた出玉をカードで効率的に管理するシステムです。

ドル箱が不要になったことから、出玉の数が正確に把握できるようになったり、大当たりする度にスタッフを呼び出す必要が無くなったりと、パーソナルシステムには様々なメリットがありますが、使い方がわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本記事では、

本記事で解説するコト
  • パチンコのパーソナルシステムとは
  • パーソナルシステムの使い方
  • パーソナルシステムのメリット

などについて解説していきます。

\ オンラインパチンコで遊ぼう /

目次

パチンコのパーソナルシステムとは

パチンコのパーソナルシステムとは

多くのパチンコで導入が進められている「パーソナルシステム」とは、カードを使った新しいパチンコ玉管理システムであり、「各台計数機」とも言われております

遊戯者がパチンコ玉をカードに記録し、計数や交換を行う新しいシステムのことで、今自分が持っている玉数を数値で確認することができ、使い方が非常に簡単です。

従来、玉は箱に入れて管理していたため、座席の後ろに積み重ねたり、ホール内で重いドル箱を持ち歩いたりして遊戯を行う必要がありましたが、パーソナルシステムの導入により、その手間が大幅に削減されました。

さらに、多くのパチンコ店にてこのパーソナルシステムを導入したことで、お客様の利便性の向上や機種選びの自由度が増しています。

全国のパチンコ店のうち、1635店舗の約20%(2019年時点)でパーソナルシステムが導入されており、今後も導入する店舗は増えていくと考えられます。

パーソナルシステムの使い方

パーソナルシステムの使い方

紙幣を入れて通常通り遊戯開始

遊戯を開始するまでは、パーソナルシステムも従来のドル箱タイプと同様の使い方で、まずは選んだ機種のパチンコ台に座り、左側の「サンド」というお金を入れる場所に紙幣を入れます。「玉貸」ボタンを押してパチンコ玉を借り、通常通り遊戯を開始します。

出玉を獲得したら下皿に流す

大当たりをして出玉を獲得した際、今までのドル箱タイプの場合は、獲得した出玉をドル箱が満杯になるまで入れて、満杯になったら別のドル箱に入れていくという取り替えが必要でした。また、出玉の計数のため、大当たりする度にスタッフを呼び出す必要がありました。

パーソナルシステムの場合は使い方が簡単で、下皿のレバーもしくはボタンを操作してパチンコの出玉を流すのみとなります。あとはパーソナルシステムが、自動で出玉を計数してくれるため、ドル箱の時のように大当たりする毎に、わざわざ計数のためにスタッフを呼ぶ必要はありません。

返却ボタンを押して出玉が入ったカードを交換する

遊戯終了後は、「返却」ボタンを押すことで、パチンコの出玉が記録されたICカードがパーソナルシステムから出てきます。最初に入れたお金がまだ残っている場合は、精算機にて残高精算が必要です。精算機にICカードを入ると残高が返金され、持玉が入っている場合のみICカードが出てきます。

ICカードをホールのカウンターに持っていくことで、獲得した出玉と同じ価値の景品と交換が可能となります。その後の流れは、ドル箱の際と同等になります。

また、台移動をして引き続きパチンコをプレイしたい場合は、「返却」ボタンを押してパーソナルシステムから回収したICカードを、そのままプレイしたいパチンコ台に入れれば、ICカードに記録されているパチンコ玉で再プレイが可能です。

ドル箱がないため、わざわざ台移動の度に重いドル箱を持ち運ぶ必要がありません。

\ オンラインパチンコで遊ぼう /

パーソナルシステムのメリット

パーソナルシステムのメリット

ドル箱の交換が必要ない

従来は遊戯中、パチンコを楽しむ際、出玉が多くなり溜まってくるとドル箱の交換が頻繁に必要でした。特に大量の出玉を得る際、そのドル箱を運ぶ手間や空いている箱を探すストレスがありました。

さらに、ドル箱は席の後ろに積んでいくという方法が主流でしたが、通路の妨げになったり、通路が狭くなることでドル箱を他人に蹴飛ばされてしまったりという問題もありました。

しかし、パーソナルシステムの導入により使い方が簡単になり、パチンコの出玉はカードに記録されるようになったことから、ドル箱がないため、これにより、遊戯中の中断や移動の手間が大幅に削減され、ストレスフリーな遊戯体験が可能となりました。

また、ドル箱によって通路を塞ぐこともなくなったため、遊戯している本人だけでなく、周囲の人も移動がしやすくなりました。

出玉の正確な個数を把握できる

従来のドル箱での運用の場合は、出玉の計数は目視や手動でのカウントが必要でした。そのため、遊戯中は正確な数を把握することができず、不明瞭な状態で進めることになります。また、計数の誤差や出玉を間違える可能性が常にありました。

しかし、パーソナルシステムでは、パチンコの出玉の数が正確にカードに記録されることから、従来のように目視や手動での計数をする必要がなくなりました。

遊戯中も正確な出玉の数が数値で表示され明確に把握することができるため、投資金額と比較して収支を考えながら遊戯を進めるという、有効的な使い方ができます。

また、システムによって正確に計数されるため、誤差やミスを心配することなく、正確な出玉数を確認することができます。

台移動が楽

従来のシステムでは、他のパチンコ台へ移動するとき、重いドル箱を持ち歩く必要がありました。

複数のドル箱があると移動するだけでもかなりの労力がかかるもので、ドル箱が多すぎる場合は一度換金するなど、多くのプレイヤーにとって大きな負担となっていました。

しかし、パーソナルシステム導入後は、出玉がICカードに記録されるようになったため、そのまま次のパチンコ台に入れるだけで再プレイができるようになっています。

ドル箱がないため、わざわざ持ち歩く必要がなくなり、店舗内での台移動が非常に簡単になりました。

この簡単なICカードの使い方によって、様々なパチンコ機種の試遊が容易となり、パチンコの遊戯体験がより豊かかつ効率化につながりました。

また、店舗によってはレート間の移動もスムーズにできるようになっており、4円パチンコで獲得した出玉をそのまま1円パチンコで遊戯ということが可能なところもあります。

計数のためにスタッフを呼ぶ必要がない

大当たりして出玉を交換する際、従来の場合は「呼び出し」ボタンを押してスタッフを呼び、計数を行ってもらう必要がありました。

この一連の流れは、大当たりする度にスタッフを呼び出さなければいけないという手間だけでなく、時間がかかるため、遊戯の中断が生じる原因となっていました。

しかし、パーソナルシステムでは、出玉の数がICカードに自動で記録されるため、大当たりする度にスタッフを呼ぶ必要がなく、待ち時間もなくなったため、スムーズな遊戯が可能となっています。

その後の使い方も非常に簡単で、遊戯終了後はICカードをホール内のカウンターに持っていくのみとなります。

パチンコのパーソナルシステム解説 まとめ

パチンコのパーソナルシステム解説 まとめ

パチンコのパーソナルシステムの概要や、使い方などを解説しました。パーソナルシステムは使い方が簡単なうえに、導入によってパチンコの遊戯がさらに便利で楽しくなり、プレイヤーとスタッフの双方にとって大きなメリットがあります。

本記事のまとめ
  • ドル箱がないため、重いドル箱を交換する手間がかからない
  • 出玉が数値として表示されるため、遊戯中も正確な出玉数が把握できる
  • ICカードで出玉を管理しているため、台移動が簡単
  • パーソナルシステムが出玉を自動で計数するため、スタッフの呼び出しが不要

パチンコは日々進化し、遊戯者の利便性を追求し続けています。

新しいパーソナルシステムの導入により、従来の多くの煩わしさが解消され、使い方がより快適な遊戯環境が実現しています。

多くの店舗でこの新しいパーソナルシステムが取り入れられている今、そのメリットを存分に享受し、ストレスフリーなパチンコ体験を楽しんでください。

\ オンラインパチンコで遊ぼう /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

パチンコ&パチスロを打ち始めて早10年のパチンカー。パチンコが特に好きで、ハマってる台はスマパチSAO。

コメント

コメントする

目次