パチンコのCタイムとは? / スマパチから導入された新システムについて解説

パチンコのCタイムとは? / スマパチから導入された新システムについて解説

2023年から全国で導入され始めたスマパチには、新機能「Cタイム」が搭載されています。

本記事では

本記事で解説するコト
  • Cタイムの突入方法
  • Cタイムの恩恵
  • REVEの規定回数

などについて解説していきます。

パチンコを打っていると最近Cタイムってよく聞くけど分からない、という方にわかりやすく解説してあるので参考になれば幸いです。

\ オンラインパチンコで遊ぼう /

目次

CタイムはC時短の新しい形!

CタイムはC時短の新しい形!

C時短とは大当たり抽選とは別に抽選される時短の事です。

通常状態に抽選を行い抽選に当たるとRUSH突入濃厚などの特典を得る事ができます。

大当たりとは別の抽選を行っており、いつ訪れるかわからない物でしたが、スマパチに導入されたCタイムによってC時短抽選を任意の決められたタイミングで発動させることができるようになったのです。

この機能の最大の特徴は確変終了時、非確変の大当たりの一部でCタイムを発動させる事によって従来のパチンコよりも継続率を上げ出玉性能を上げる事ができるようになりました。

Cタイムでなぜ出玉性能や継続率を上げれるかと言うとパチンコには総量規制と言われるものがあるため最大継続率や出玉で獲得できる個数というものがだいたい決まっています。

継続率が高いパチンコ機種だと出玉が少なく、総量規制を回避したり逆に出玉の多いパチンコの機種だと継続率が低いパチンコ機種が多いです。

スマパチに搭載されているCタイムのおかげで一度ラッシュを終わらせる事により今までのパチンコよりも出玉を獲得するチャンスを得る事ができるようになったということですね。

Cタイムの突入契機

Cタイムの突入契機

Cタイムの突入契機は大きく分けて3つです。

RAMクリ後

RAMクリとはパチンコ台を初期状態にすることをいいます。

なぜそのようなことをするのかというと閉店までに確率変動が終わらなかったりあと少しでCタイムが発動しそうな時にお店側がパチンコ台を初期状態に戻し他のお客さんと同じ条件で打ってもらうようにするためです。

スマパチだとRAMクリ後はCタイムの抽選を受ける事ができるのでお得な状態になります。

その状態を狙ったハイエナと言われる行為を禁止するホールが多くRAMクリを行ったとしても一回転お店で回しRAMクリの権利をなくしたり、RAMクリを行っているがスマパチの一回転で辞める行為のカニ歩きという行為を禁止しているホールもあります。

お店によっては出入り禁止になる場合もあるのでカニ歩きはリスクのある行為といえます。

確変または時短終了後

スマパチに導入されたCタイムの最大の恩恵は、確変や時短が終了した後の一回転目です。

確変や時短終了時の左打ち一回転目がCタイム突入状態の抽選となるのでこの時に抽選に当選できればまたRUSH突入することができるのでかなり熱い状態となります。

規定のゲーム数消化後

今までのパチンコでも特定の回転数を消化すると時短を貰える機種はありましたがスマパチではRUSH後規定回数消化をするとCタイム突入抽選を受ける事ができます。

最近のパチンコ機種SAOだと1329回転回すとCタイムが発動し33%で時短111回がもらえます。

他のスマパチ機種でも多くがこの機能をもっており、天井間際を狙うことで投資を抑える事ができるのが魅力でしょう。

Cタイムで得られる恩恵

Cタイムで得られる恩恵

ここからはCタイムで受けられる恩恵を3つ紹介します。

出玉

スマパチでCタイムが導入されたことによって、最もパチンコに影響を与えたのが出玉率です。

Cタイムの抽選を受ける事によって一回RUSHが終わっても、すぐに引き戻せる可能性を秘めているのがかなり魅力的ですよね。

スマパチによってRUSHの引き戻し率は異なりますが、大体20%程度です。

この20%の抽選を当て続ける事ができれば永遠にRUSHを続け出玉を獲得し続ける事も理論上は可能ということになりますね。

継続率総量規制

パチンコには総量規制というものがあります。

総量規制とは一度の確変やRUSHなどで獲得できる期待出玉になります。

今までのパチンコですと6400個の規制があるのですが、スマパチはCタイムでその規制を抜けることができるのです。

どういう事かというと最初のRUSHの期待出玉が6400個になりますがその後にCタイムで抽選を当てる事ができればさらに6400個の期待出玉を獲得するチャンスがあるのです。

抽選を当て続ける事ができれば何度もこ総量規制をかいくぐることができるので結果的に出玉が他のパチンコ機種より多く獲得できるチャンスがあるということです。

辞め時・狙い時がわかりやすい

今までのパチンコ機種ですと遊タイムなどがある機種以外ですと辞め時などが曖昧で粘りうちなどをしてズルズル打ち続けることになってしまうことも多かったのですが、Cタイムが導入されたことによって、大当たり後一回転さえ回せばいつでも辞める事ができます。

期待度の高い回転を最初にすることができるので気持ち的にもここで辞めようというストッパーにもなるので辞めやすくなります。

さらに回転数が多いスマパチは規定回数狙いもできるので何の根拠もなく打つより勝率を上げる事ができます。

RAVEのCタイムには規定回数の振り分けがある

RAVEのCタイムには規定回数の振り分けがある

今までのスマパチと同じようにRAVEのCタイムの発動契機は4つあります。

  • RAMクリア後
  • 規定回数消化後
  • RUSH非突入大当たり後
  • RUSH終了後

2つ目の規定回数消化後が他のパチンコとは違います。

何が違うかというとREVEには規定回数消化後の振り分けが5つあります

他のパチンコだと規定回数は決まっているのですが、RAVEは通常時規定回数が31回299回799回999回1137回のCタイム振り分けがあります。

規定回数がどの回転になるかはわかりませんが運よく31回転でCタイムの恩恵を受ける事ができれば、投資を抑える事もでき、出玉の大量獲得も夢ではありません。

RAVEのCタイムは最大規定回数以外にも可能性があるので規定回数を狙った立ち回りをすることもできます。

あと数回転でCタイム抽選を受けることができる状態でREVEが打つ機会などもあるので、パチンコ何を打とうかと悩んでいる時に規定回数まで打ってみるなどの立ち回り方も可能ですね。

発動しなければそのまま違うパチンコに行く事もできるので辞め時を決める事もできるパチンコになっています。

パチンコ Cタイム解説 まとめ

パチンコ Cタイム解説 まとめ

本記事では、スマパチから新導入されたシステムである「Cタイム」について解説しました。

本記事のまとめ
  • CタイムはC時短とは異なり、特定のタイミングで抽選される
  • 突入契機は「RAMクリ後」「規定回数消化」「確変または時短終了後の1回転目」
  • REVEは規定回数が抽選で決まるので最短31回で抽選を受けられる

スマパチによって追加されたCタイムですが、これからどのように進化していくのかが楽しみですね。

\ オンラインパチンコで遊ぼう /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

パチンコ&パチスロを打ち始めて早10年のパチンカー。パチンコが特に好きで、ハマってる台はスマパチSAO。

コメント

コメントする

目次