パチンコ初心者が勝つための攻略法を伝授!おすすめの打ち方や当たりやすい台選びのコツ

パチンコ初心者が勝つための攻略法を伝授!おすすめの打ち方や当たりやすい台選びのコツ

パチンコは数あるギャンブルの中では運の要素が強く、如何に自力で大当りを引いて連チャンさせられるかが勝負のカギになります。

パチスロのような技術介入によって勝敗が左右されるケースは少ないので、「ビギナーズラック」という言葉があるように運要素の強いギャンブルです。

しかし、運が重要だとは言っても最低限の知識は必要ですし、ただ闇雲に打っているだけで勝てるほど甘いものではありません。

そこで、パチンコ初心者であっても勝利を目指せるような攻略法を伝授していきたいと思います。

基礎知識から戦略、そして実践へと段階を踏んで解説していきますので、パチンコで勝ちたいと思っている初心者は必見です。

それではまず、『基礎知識編』から見ていきましょう。

\ オンラインパチンコで遊ぼう /

パチンコ基礎知識編

パチンコ基礎知識編

パチンコで勝つためには、まず打つ前に基礎知識をおさえておく必要があります。

どれもパチンコで勝つためには必須となる知識を集めてみましたので、順番に解説していきます。

  • ヘソと電チューで大当り確率や大当りの内容が異なる
  • パチンコの演出には「疑似連」という連続演出がある
  • 大当りの種類によってラウンドに違いがある
  • 大当りの権利がなくなってしまう「パンク」に要注意
  • パチンコ1玉の価値はホールによって異なる

 パチンコ1玉の価値はホールによって異なる

昔のパチンコは「パチンコ1玉=4円」のレートしかなく、それが当たり前とされていました。

500円なら125玉だったので、パチンコの上皿は125玉に合わせて作られていたと言われていたほどです。

しかし今は様々なレートがあり、お財布の状況に合わせて選べるようになりました。

全国によってバラツキはありますが、だいたい以下のレートであれば近隣のホールにもあるのではないかと思います。

  • 4円パチンコ
  • 2円パチンコ
  • 1円パチンコ
  • 0.5円パチンコ

規則により1玉の最大レートは4円までと決まっていますので、4円以上のレートは存在しません。

4円以外のレートで多いのは1円で、北海道は全国に広がる前から盛んにおこなわれていたと言われています。

今ではホールの売上にとって貴重な存在となっており、ホールによっては新台を1円パチンコに導入しています。

もう一つ覚えておかなければいけないのは換金率です。

4円で借りたパチンコ玉を換金する時、いくらで買い取ってくれるか?というのが換金率です。

4円で借りた玉を4円で買い取ってくれるなら等価交換となり、4円未満で買い取るなら非等価交換となります。

交換率はホールによって異なりますが、地域によっては換金する際に手数料がかかるケースもあります。

パチンコ玉のレートについて以下に詳細をまとめていますので、是非参考にしてください。

ヘソと電チューで大当り確率や大当りの内容が異なる

「ヘソ」や「電チュー」というワードを聞いたことはありますでしょうか?

ヘソとは液晶の下にある穴のことで、ヘソに玉が入ると初当りの抽選をおこなってくれます。

電チューはヘソと同じく大当りの抽選をおこないますが、主に連チャン中に右打ちした時にしか開かない穴です。

普段は開いてくれないので、初当りのためにヘソを狙うことになります。

ヘソと電チューはどちらも大当りを抽選していますが、大当り確率も大当りの内容も全く異なります。

初当りは連チャンするモードに突入するかどうかが重要なので、ヘソでの大当り確率は重く、そして大当りしてもあまり玉は出ません。

しかし電チューは連チャン中にしか抽選しないため、大当り確率は軽くなり、大当りした時の出玉も多くなるように設計されています。

今のパチンコは初当りを引くまで現金投資が続いてしまいますので、如何に現金投資を抑えて初当りを引けるかが勝負の分かれ目になります。

パチンコを打っているとよくボーダーラインというワードが出てきますが、1000円あたりどれくらい大当り抽選を受けられたら打ち続けても良いか?の指標になっています。

パチンコを打つ際は、ヘソにどれだけ玉が入るのかカウントすると良いでしょう。

ヘソと電チューについて以下に詳細をまとめていますので、是非参考にしてください。

 パチンコの演出には「疑似連」という連続演出がある

パチンコでは、ヘソに玉が1玉入ると、大当りの抽選を1回おこなってくれます。

抽選結果を液晶で演出し、最後に図柄が揃ったら大当りになる仕組みになっています。

昔は液晶の演出はとてもシンプルで、かつては「リーチ」という概念もなく、ビタ、ビタ、ビタ、とサプライズ大当りのように図柄が揃うのが一般的でした。

液晶が主流になって、演出を凝るようになってからはリーチや予告が豪華になり、演出時間が長くなっていったという経緯があります。

様々な演出が生まれていく中で、まだ結果を表示していない保留を先に演出して期待度を見せる保留先読みという演出が人気になりました。

演出を連続させて期待度を煽ることができるため人気になりましたが、2004年の規則改正で一時的に禁止されてしまいます。

そのため、1変動で擬似的に変動を連続させて、まるで先読みをおこなっているように見せる疑似連が生まれたのです。

疑似連は20年経った今でも生き続け、初当りの王道演出の一つとして親しまれています。

変動が連続して液晶に「×2」や「×3」が表示されたら疑似連が発生している証になりますので、その後の展開に期待しましょう。

疑似連について以下に詳細をまとめていますので、是非参考にしてください。

大当りの種類によってラウンドに違いがある

初当り、連チャン中と見事に大当りを引き当てることができると、大当りラウンドがスタートします。

ラウンドとは大当り中に開放するアタッカーの一連の動作のことで、ほとんどの場合は約25秒開放されるので玉をアタッカーに入れるほど出玉を獲得できます。

大当りによって、ラウンドがどこまで続くのか、そして1ラウンドに入れられる玉の数や、玉を1個アタッカーに入れる度に得られる出玉はまちまちです。

同じ機種であっても大当りの種類によってラウンドの内容は異なるので、あらかじめどんな大当りがあるのか調べておくと良いでしょう。

1回の大当りで得られる出玉は最大で1500個となりますが、そのほとんどは初当り確率が1/319や1/349などといったミドルスペックに集中しています。

初当り確率が1/99などの甘デジではラウンドは少ない傾向にありますので、大量出玉に期待したいのであればミドルスペックがおすすめです。

パチンコのラウンドについて以下に詳細をまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

 大当りの権利がなくなってしまう「パンク」に要注意

パチンコでは液晶に図柄が3つ揃うと大当りになり、ラウンドを消化して出玉を得る権利が与えられます。

しかし、権利が与えられているからといって、大当りしたのにアタッカーに玉を入れずにいると大当りが強制的に終了してしまい権利が消滅することがあります。

強制的に大当りが終了してしまうことをパンクと言い、パチンコにおいて最も損をしてしまう現象の一つです。

パチンコの大当りは大きく分別すると2種類の大当りに分けられます。

まず1つ目は「大当りとなる図柄を直撃させるパターン」です。

ヘソや電チューに玉が入った時点で大当りが決まっていて、図柄が3つ揃うなど大当りとなる図柄が揃って大当りが直撃します。

この場合は、既に大当りが決まっているので、大当りがパンクすることはありません。

もしアタッカーに玉を入れなくても、限界までアタッカーは開放し、全てのラウンドを消化できます。

問題なのはもう一つの大当りである、「小当りを経由して大当りになるパターン」です。

ヘソや電チューに玉が入った時点では、大当りではなく小当りで、アタッカーが6秒しか開放しない1ラウンド限りの小さな当りです。

しかし、その間にアタッカーの中にある「V」に玉を通過させることで大当りに昇格し、たくさんの出玉を得ることができるのです。

この当り方は羽根モノに代表される2種大当りと呼ばれる種類の大当りのため、小当りを経由して大当りするパターンを搭載したスペックは「1種2種スペック」と呼ばれています。

このパターンでは、小当りの間に玉をアタッカーに入れて「V」を通過しないと大当りに昇格できずに終了するリスクがあります。

最近は小当りを経由して大当りさせるパターンを搭載している機種が多いので、パンクのリスクが高まっています。

もしパンクさせてしまうと、本来は当っていたはずなのに「当っていない」ことになってしまうため、大当りの出玉を取り損ねるだけでなく、ST回数が回復しなかったり、連チャンが終了してしまったり、全く良いことはありません。

特に連チャン中にパンクは発生しやすくなっているので、液晶の表示に出てくる指示には従うようにしましょう。

なお、パンクについて以下に詳細をまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

\ オンラインパチンコで遊ぼう /

パチンコ戦略編

パチンコ戦略編

闘いには勝つための様々な戦略があり、戦略なくして勝利を収めるのはとても難しくなります。

これはパチンコも同様であり、パチンコで勝つためには戦略や立ち回り方が存在します。

ここではパチンコで勝つための戦略を解説しますので、勝ちたい人は必見です。

  • パチンコには勝つための戦略が存在する
  • パチンコの軍資金が少なくても、勝つための立ち回りは存在する
  • ハマりによって有利な状態に移行する「天井」で勝率アップ!
  • パチンコは夕方や夜からの立ち回りでも勝率をアップできる
  • オカルトも考え方によっては有効な攻略法になる

 パチンコで勝つための戦略を持つ

パチンコの話になると、あまりパチンコを打ってない人から「パチンコって結局運なんだし、勝てないようにできてるんじゃないの?」と聞かれます。

必ず勝てる方法、いわゆる必勝法というものが存在したとすれば、それはもうギャンブルではなくなってしまいますし、胴元が損をするギャンブルなんてものはあり得ません。

従って、パチンコで絶対に勝つ方法はこの世に存在しません。

しかし、パチンコの勝率をアップさせる方法は存在します。

パチプロのようなパチンコだけで生計を建てるのは難しくても、正しい知識と立ち回りによって、月あたり数万から数十万の範囲であれば十分に稼げます。

但し、最近は波の荒いパチンコがとても多いので、短期的ではなく長期的に見て実践していかないと挫折に繋がります。

パチンコの勝率をアップさせるためには、地道な努力が欠かせないということも覚えておかなければいけません。

パチンコで勝つには何より情報が必要になりますので、以下にどのような仕組みでパチンコで儲けられるのかをまとめました。

パチンコで勝ちたいと思っている人は、一度読んでおくことをおすすめします。

少ない軍資金でも勝つための立ち回りを確立させる

パチンコで勝ちたいと思っても、そもそも軍資金を用意できないという人もいることでしょう。

だいたいの人はパチンコで大負けしてから勝つことを真剣に考えるようになるので、しっかりと立ち回りたいと思った時というのは軍資金が足りないケースが多々あります。

しかし、今のパチンコは1000円あれば充分に立ち回ることができます。

先ほども解説したように、レートを下げて1円パチンコや0.5円パチンコにすることで、少ない軍資金でも勝負できるのです。

どのレートにするのかは自由ですが、あまりにもレートが低い場合、ホールも何とか利益を確保しようとして非常に厳しい調整をおこなう恐れがあります。

低レートで最も大きなシェアを誇り、比較的新しい台が導入されやすい1円パチンコを狙うのがおすすめです。

さらに、単に時間を潰しに来ているような年配層ではなく、1円パチンコでも勝ちたいと思っているような若者層が多いお店に行く方が機種の調整も良い傾向があります。

1000円の軍資金で勝負するための立ち回り方については、以下に詳細をまとめましたので是非チェックしてみてください。

おすすめの機種についても解説していますので、何かと参考になるかと思います。

ハマり台を把握して天井を狙い大きな恩恵を得る

昔のパチンコには、大当りが引けなくてどれだけハマっても、ただただハマりが深くなるだけで特に救済はありませんでした。

しかし最近のパチンコには天井という機能が搭載され、一定の回転数ハマると救済措置が発動できるようになりました。

天井が発動する回転数は機種によって異なりますが、初当り確率の分母の1.5倍~3倍の回転数で発動します。

例えば初当り確率が1/99の甘デジであれば、最短で150回転消化で発動できるというわけです。

天井の恩恵は時短で、初当り確率の分母の3.8倍の回転数まで時短を付与できます。

先ほどの1/99の甘デジであれば378回転までの時短が付けられるということですね。

天井が発動しても必ず大当りが保証されているわけではないですが、初当り確率の分母の3.8倍の回転数が付与されれば約98%は大当りに繋がるので、大きなメリットだと言えます。

なるべく天井が発動しやすい回転数、つまりハマっている台を意図的に狙うことで投資額を抑えて手堅く勝率をアップさせる「ハイエナ」という立ち回りが生まれ、短時間でも結果を出すことができるようになったのは嬉しいですね。

パチンコの遊タイムや立ち回りについて、以下に詳細をまとめましたのでぜひ参考にしてみてください。

夕方や夜からの立ち回りを確立して勝率をアップさせる

パチンコで勝つためのセオリーは、「とにかく回る台を長時間打つ」というものです。

有利な台があるのであれば、時間が許す限り打ち続けた方が勝ち額を最大限まで引き上げられる、ということですね。

しかし、それはあくまでセオリーであり、勝つための立ち回りは1つではありません。

特にサラリーマンの場合は朝から1日中打つことは不可能であり、必然的に夕方や夜からの勝負がメインとなります。

そもそも時間が限られているため、少しでも勝負が短時間でつくように、出玉スピードが優秀な機種を選ぶことが大事です。

また、ある程度回転数もわかっているため、通常時の回転数が多い台を選ぶと釘が読めなくても回る台を見つけられるチャンスがアップします。

また、出玉スピードとなるとミドル機種を打ちがちになりますが、初当りまでの時間が圧倒的に短い甘デジを狙い打つのも有効です。

夕方や夜からの立ち回りには独特のポイントがありますので、以下に詳細をまとめました。

いつもパチンコを打つのは夕方や夜からという人は、ぜひチェックしてみてください。

オカルトを活用してモチベーションを整える

パチンコにおけるオカルトというのは、パチンコの結果とは無関係でありながら、ついつい考えてしまう「パチンコあるある」のようなものです。

有名なのは「隣が連チャンすると自分がハマる」「連チャンしすぎるとその後ハマる」「3日間出ていない台は出やすい」など、自分の経験に基づくものが多いのが特徴です。

オカルトには根拠は全くないため、当然ながら信憑性はゼロと言っても過言ではありません。

しかし、どのオカルトもパチンコのモチベーションに関わるものであり、必ずしも間違っているとは言い切れないのもオカルトの魅力です。

例えば、「連チャンしすぎるとその後ハマる」というのは、連チャンして出玉を確保した際に「今日は勝利で帰りたい」と思っている時には止める理由になりますし、「3日間出ていない台は出やすい」はホールの傾向と照らし合わせれば台を決める際の決め手にもなります。

パチンコはいつ当るのかわからないからこそ、オカルトと付き合うと面白い経験になるでしょう。

オカルトについて以下に詳細をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

\ オンラインパチンコで遊ぼう /

パチンコ実践編

パチンコ実践編

ここまで、基礎知識、戦略について解説してきましたので、闘う前の準備としては万全になったかと思います。

ともなれば、あとはパチンコの勝利に向けて実践するのみです。

実はパチンコで勝つためには、設備の活用方法や台選びのコツなどホールでしかできない攻略法もあります。

快適に実践するための方法もありますので、是非活用してください。

  • パチンコで出る台を見分ける方法がある
  • パチンコは、釘読みができれば勝利が一気に近づく
  • パチンコのパーソナルシステムを活用すれば、台の良し悪しを把握できる
  • パチンコは、貯玉を活用すると現金投資をせずに済む
  • 隣のパチンコがうるさくても快適にプレイする方法がある

ホールや機種をチェックしてパチンコで出る台を見分ける

パチンコで100%勝つ方法はありませんが、パチンコの勝率をアップさせる方法はあります。

甘いと言われている台や、ボーダーラインを上回る回転数の台を選べるようになると、パチンコで負けにくくなるでしょう。

また、遊タイムを搭載している機種であれば、回転数をチェックして立ち回ることで勝率をアップさせることも可能です。

本来であれば、パチンコで勝つためには釘を読んでよく回る台を選ぶのがセオリーとされていますが、いきなり初心者が釘を読むのは難易度が高いです。

釘が読めなくても、ホールの傾向を調べ、どの機種をひいきにしているのか、イベントはやっていないのか等がわかるようになれば、少なくとも闇雲に打つより勝率はアップするでしょう。

パチンコの台選びのポイントについて、以下に詳細をまとめましたのでぜひチェックしてみてください。

釘読みで勝利への大きなアドバンテージを手に入れる

先ほど初心者に釘読みは難しいとお伝えしましたが、本気でパチンコに勝ちたいのであれば釘読みは大きなアドバンテージとなります。

ヘソに玉が入る数が多ければ多いほど初当りのチャンスが増え、ボーダーラインを大きく引き下げることができるようになります。

大前提として釘によって玉がどのように動くのかを知る必要があり、仕組みを理解することが重要です。

ただ、釘読みはホールがどれくらい台に力を入れているのか、バロメーターを計る行為でもあります。

そのためホールは釘読みができるプロの出入りを禁止しており、プロでなくてもプロと見なされればパチンコが打てなくなってしまいます。

釘読みをおこなうことは問題ありませんが、あくまでホールから目を付けられない程度におこなう必要があることを忘れてはいけません。

目立たないようにして釘読みをおこない、台の良し悪しが判断できるようになれば、パチンコにおける勝率は格段にアップすることでしょう。

パチンコの釘読みについて以下に詳細をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

パチンコのパーソナルシステムを活用して台の良し悪しを把握する

昔のパチンコはドル箱と呼ばれる箱に大当り出玉を入れ、連チャンするほどドル箱が積み上がっていました。

ホールは出玉を見た目でアピールできるため、イベント日や特別な日はドル箱を使って集客もおこなっていました。

しかし時は流れ、ホールが人件費を削減するためにパーソナルシステムを導入してからは、ドル箱はほとんどのホールから姿を消すことになったのです。

パーソナルシステムとは、出玉をドル箱ではなくカードに入れるシステムで、出玉は全て玉の循環器に送り込まれていきます。

ドル箱を遣った出玉アピールはできなくなりましたが、出玉をカードに入れられるようになったことで、出玉の数を正確に把握できるようになったり、台移動する時の煩わしさがなくなったり、メリットは非常に大きいと言えます。

また、ボーダーラインを調べる際、現金投資をしている間は正確に「1000円あたりの回転数」と把握できますが、以前は持ち玉になると玉の数が曖昧になってボーダーラインの把握に手こずっていました。

しかしパーソナルシステムであれば、持ち玉を現金投資と同じ玉数を上皿に出すことができるため、持ち玉であってもボーダーラインを簡単に調べることができるようになったのです。

プレイヤーにとっても非常に画期的な進化なので、パーソナルシステムを活用していきましょう。

パーソナルシステムの詳細について以下にまとめましたので、是非参考にしてください。

貯玉を活用して現金投資にはないメリットを手に入れる

パチンコで勝つためには台選びや釘読みも大事ですが、「玉の運用」もパチンコの勝利に欠かせない要素です。

これはホールにもよりますが、ほとんどのホールでは貯玉というシステムを採用しています。

貯玉とは、大当りや連チャンによって得られた出玉を、その日のうちに全て換金するのではなく、会員カードなどに出玉を残して翌日以降にプレイすることを指します。

一度出玉を換金してしまうと、次に打つ際は再び現金投資から始めなければいけませんが、貯玉しておけば次に打つ際は現金は不要です。

貯玉に残しておいた出玉を使うことで、財布要らずのパチンコプレイを楽しむことができるのです。

貯玉というシステムは、単に出玉を持ち越すというだけのメリットに留まりません。

もしホールの換金率が等価ではなく、借りる玉の価値よりも換金する玉の価値の方が低い、いわゆる非等価だった時に大きなメリットを生み出します。

仮に換金率が3.75円だった場合、5000玉を貯玉せずに換金すると18,750円となります。

次の日に現金投資すると18,750円では約4690玉しか貸出できません。

しかし5000発を貯玉し、次の日もそのまま使えるのであれば、5000玉全てが使用可となります。

この場合、貯玉しなかった場合は貯玉した場合に比べて約310玉打てる玉数が少なくなっており、約1200円損していることになってしまうのです。

このように、貯玉には換金ギャップによるマイナスを打ち消すメリットがあり、貯玉を活用するかどうかによって、パチンコの勝率に大きな影響を及ぼしてしまいます。

貯玉を使ってプレイできる玉数はホールによって異なりますし、そもそも非等価でなければメリットは活かしきれませんが、ほとんどのホールでメリットに働く要素なので、しっかりと活用しましょう。

貯玉について以下に詳細をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

隣のパチンコがうるさくても快適にプレイする環境を作る

パチンコを嫌っている人にパチンコのどこが嫌なのかを聞いてみると、決まって上位に「うるさい」「騒音がイヤ」という回答が返ってきます。

パチンコは釘に玉を当てるゲームなので、どうしてもカチカチという音が出てしまう難点があります。

パチンコから出るBGMやボイスがうるさいのはカチカチという音をわかりにくくするためとも言われていますが、うるさい音に対してうるさい音で対抗しているようでは騒音と言われても文句は言えません。

今はパチンコで音量が調節できるようになり、比較的音量のボリュームは低くなったように感じますが、たまに隣で打っている人が爆音でパチンコを打っていると気が滅入ることもあるかと思います。

長時間騒音の環境で過ごしていると騒音性難聴になるとも言われており、ホールで耳を守るのは推奨すべきことだと言えます。

そんな騒音問題に対する対策は基本は自己防衛になりますが、最もおすすめの方法は耳栓です。

最近はノイズキャンセラーの機能が搭載されたイヤホンもありますので、イヤホンも選択肢の一つですが、より高い遮断性や安価での防音を望むのであれば、やはり耳栓に軍配が上がります。

耳栓について以下に詳細をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

パチンコ初心者が勝つための攻略法を伝授!まとめ

パチンコ初心者が勝つための攻略法を伝授!まとめ

今回は、初心者がパチンコで勝つための攻略法について解説しました。

初心者がパチンコで勝つための攻略には、大きく分類すると、

  • パチンコの基礎知識
  • 戦略による攻略法
  • 実践における攻略法

この3点がポイントになっており、兎にも角にも基礎知識をしっかりと理解して頭に入れることから始まります。

パチンコはそこまで難しいゲームではないので、知識や攻略法がなくてもプレイすること自体は簡単です。

しかし、パチンコの仕組みやパチンコで損しない打ち方を理解することで、パチンコの勝率を大幅にアップさせることができます。

つまり、知識や攻略法がなければ、「パチンコは打てるけど、ほぼ負ける」という結果に終わってしまいます。

このページには、パチンコ初心者が勝率アップして楽しくプレイするためのノウハウが揃っていますので、勝ちたい人はぜひ参考にしてください!

\ オンラインパチンコで遊ぼう /

パチンコカテゴリーの関連記事